【京都デニムエピソード】ご主人との想い出のジーンズ | 京都デニム通販

【京都デニムエピソード】ご主人との想い出のジーンズ

【京都デニムエピソード】ご主人との想い出のジーンズ

お店にご来店いただいたお客様や、お問い合わせいただいた皆様とのエピソードを少しずつ紹介させていただきたいと思います。
先日、ジーンズの修理と染め直しを承りました。
8年ほど前の祇園祭にご夫婦でお見えになり、京都デニムにてお求め頂いたお品とのこと。

一度お直しを断念しようかと考えたのですが、よくよくお話をお伺いすると、ご主人さまはすでに他界され、その当時の思い出のお品として大事にされていました。

修理箇所が深く、非常に難しい部位のため、一度ジーンズをほどいて分解しなければ、破れの部分はミシンを入れることができません。

「これはどうしようか?難しい箇所だけれど、想いがこもったジーンズを直してあげたいねぇ。」

職人たちと、よくよく相談いたしました。

本来であれば、なくなく断念するかもしれない内容でしたが、
お話をうかがいまして大切にしたいお気持ちを叶えるべく、
修理とロールアップの染め直しさせていただくことになりました。

右後ポケット下、大きく破れていた箇所には、裏からあて布をして、ミシンでジグザグに。大きく開いていた、傷口はしっかりとふさがりました。

ロールアップの部分には、もともとのお柄の上から、新しいサイズの桜を染めさせていただきました。

作り手としましては、長くご愛用いただいたお品に、また新たな生命がやどり、改めてはいていただけることは本当に嬉しいことです。

また新しい気持ちでおはきいただき、ますます大切にしていただければと思います。このたびは、ありがとうございました。
お直しやオーダーのお問い合わせは、

お品物の状況を拝見し、個別にお見積りをさせていただきます。
新しいサービスのため少々お時間を頂戴することが予想されます。

少し気長に待ってやって下さい。よろしくお願い致します。

【京都デニム 宮本】