《前編》一澤信三郎帆布でカバン修理をお願いしてきました。 | 京都デニム通販

《前編》一澤信三郎帆布でカバン修理をお願いしてきました。

《前編》一澤信三郎帆布でカバン修理をお願いしてきました。

京都デニム店長の宮本が愛用している一澤信三郎帆布のトートバッグ。
かれこれ15年以上使っているというトートバッグですが、大きな傷や穴はなく、本当にしっかり作られています。

ところが、長年使っているとどうしても避けられない底面の擦れやほころび…
普通に使用する分には問題ないそうですが、長年愛用しているのでこれからもまだまだ使いたいというのと、直せなくなってしまったら困るということで、修理をお願いしました。

 

一澤信三郎帆布とは

《前編》一澤信三郎帆布でカバン修理をお願いしてきました。

鞄好きなら誰もが知っているという京都の有名な鞄屋さん。
「一澤信三郎帆布」の前身である「一澤帆布」は1905年創業の歴史あるブランドで、長年愛され続けています。知恩院や八坂神社の近くにお店があり、日本人だけでなく外国の方もたくさん訪れる人気店。

▼公式WEBサイトはこちら
http://www.ichizawa.co.jp/

 

今回修理をお願いした鞄

《前編》一澤信三郎帆布でカバン修理をお願いしてきました。

店長の宮本が15年以上使用している白いトートバッグ。

《前編》一澤信三郎帆布でカバン修理をお願いしてきました。

15年以上使っても大きな穴はなく丈夫なのですが、天然素材なので経年変化は避けられず、どうしても底面の四隅がほつれてきてしまいます。

《前編》一澤信三郎帆布でカバン修理をお願いしてきました。

側面も一か所。

《前編》一澤信三郎帆布でカバン修理をお願いしてきました。

せっかく修理をしていただくのだから、帆布生地の汚れも綺麗に落としてみようと思います。(後日、どうなったか載せようと思うのでお楽しみに。)

 

一澤信三郎帆布のお店に持っていきました

土日のお昼頃に訪れ、店内が混んでいたにも関わらず丁寧に対応していただきました。
修理をお願いしたい鞄を持っていき、現物をお見せしながら、直せるかどうか聞いてみたところ、どうやら直せるみたいでひと安心。

その場で大まかな予算と、仕上がりのイメージを教えていただいて、鞄はそのままお預け。

《前編》一澤信三郎帆布でカバン修理をお願いしてきました。

後日、修理箇所と、修理方法、金額が丁寧に書かれた見積書が届きました。
こうやって修理の詳細を送ってくださると安心しますよよね。
仕上がりが楽しみです!

(《後編》ではどんな仕上がりになったのかを紹介しますのでお楽しみに!)


関連記事


関連商品

¥9,800 +税
受注生産
受注生産
一点もの
一点もの
¥39,800 +税