【革職人】ものに関わり続けるからこそ、ものの価値が生まれる。 | 京都デニム通販

【革職人】ものに関わり続けるからこそ、ものの価値が生まれる。

革 ペンケース カードケース

“もの”に関わり続けるからこそ

“もの”の価値が生まれる

革 ペンケース カードケース

西山 直さん

大阪市西区にある革製品専門店D.I.Y plusの代表取締役兼 革職人。オーダーメイドにこだわり、企画・製造・販売などすべてを担当されています。“革を長く使い続ける価値”や“ものの本質”についてお話を伺いました。

革 ペンケース カードケース

革製品の魅力は、なんといってもエイジング。

革の加工方法によって変化の度合いは違いますが、自分が使い込んでいくことによって色や形がみるみる変化し、使い心地まで変えていく。“自分が関わることで、ものが変化していく”そういったことが好まれ、革製品は長く愛用されるのでしょう。

 

 

革 ペンケース カードケース

オーダーメイド=あなたが作る

オーダーメイドは自分たち製造側がお客様に言われたように作る、では無く、“一緒にものを作っていく”ものだと考えています。

 

革 ペンケース カードケース

お客様からの『こんな感じが良い』『もっとこうした方が良い』という意見や要望を聞きながら、その想いを形にしていきます。お客様自身がそのものに関わるからこそ ものの価値が生まれる、そうするとブランドの名前だけでものを選んだり、本質を分からないままにものを購入することはなくなるでしょう。

 

革 ペンケース カードケース

全て手作りだからこそ感じられる、ものの本質

手作業でものが作られていく過程では、ひとつひとつ本当に手間がかかります。ですが、人の手で作るからこそ、ものに温かみが感じられます。

 

革 ペンケース カードケース

 

革 ペンケース カードケース

革 ペンケース カードケース

革 ペンケース カードケース

ものの価値・本質とは、自分が“もの”と共に生活していく上で、“もの”の変化を楽しみ、自分自身が豊かな気持ちに変わっていけるということなのかもしれません。

 

▽関連記事を読む

 

革 ペンケース カードケース

革小物の経年変化

西山さんが製造する京都デニムの革小物、『デニムと革のカードケース』。使い込んでいくとどのように変化していくのでしょうか。

革 ペンケース カードケース(左:新品、右:6ヶ月使用)

使いこんでいくうちに、色はより深くなりました。表面加工をほとんど施さないヌメ革を使用しているため、キズやシワなどがはっきりと現れてきますが、これらの痕跡も味わい・個性として楽しんでいます。

革 ペンケース カードケース
(左:新品、右:6ヶ月使用)

使い始めは非常に硬く、名刺は10枚ほどでいっぱいいっぱいでしたが、しばらく使い続けると革が柔らかくなり、生地も少しずつ伸びてきます。

 

革 ペンケース カードケース

今では、30枚の名刺が入るほどの革に生まれ変わりました。(こんなに入れることはそう無いですが・・・)


新着商品

期間限定
¥27,000 +税
期間限定

【期間限定】デニムシャツ

京小紋染めデニムシャツ 手裏剣

¥26,800 +税
期間限定

【期間限定】デニムシャツ

京小紋染めデニムシャツ 小桜立涌

¥26,800 +税
期間限定

【期間限定】デニムシャツ

京小紋染めデニムシャツ 幾何学

¥25,800 +税
期間限定

【期間限定】デニムシャツ

京小紋染めデニムシャツ 水玉

¥25,800 +税
期間限定

【期間限定】デニムシャツ

京小紋染めデニムシャツ 籠目(かごめ)

¥27,800 +税
期間限定

【期間限定】デニムシャツ

京小紋染めデニムシャツ 幾何学

¥28,800 +税
一点もの
¥168,000 +税
一点もの
¥147,000 +税
一点もの
¥62,000 +税
¥58,000 +税
一点もの

デニムのぬいぐるみ

でにぐま【小:11cm】

¥4,700 +税